朔旦冬至

カード占い師的日常:朔旦冬至です
本日 2014年12月22日は 19年に1度の朔旦冬至です。 朔旦冬至とは「冬至」と「新月」が重なる特別な新月のこと。 そもそも冬至は最も太陽のエネルギーが弱まる日。 そして新月は月と太陽が重なることで全く月の姿が見えなくなるタイミング。(続きを読む)


太陽與月亮交疊的「朔旦冬至」 錯過今天再等38年
今天(22日)是冬至,但今年的冬至卻很不一樣!因為今天對北半球來說恰好是太陽位置最低點的一天、並剛好與新月重疊,這樣的天文奇觀每19年才碰得到一次,因此日本人也稱之為「朔旦冬至」,下次想要再碰到冬至新月同一天可得等到2052年!不過,雖然今天是 (続きを読む)

きょうは「復活の日」ともいわれる19年に一度の「朔旦冬至
12月22日は「冬至」。さらに、19年に一度の特別な日となっている。 22日夜の空は、ひときわ暗い時間帯が長いという特徴がある。 これは、「朔旦冬至(さくたんとうじ)」といって、1年で最も昼間の時間が短い「冬至」と、月明かりがない「新月」が重なっていて、これが19年に一度しか (続きを読む)

12月22日は今年の冬至―19年に1度の新月&流れ星が見える可能性も
そんな中で迎えた今年の「冬至」は、19年ぶりに「新月(旧暦11月1日)」と重なる特別な冬至です。これは、「朔旦冬至(さくたんとうじ)」とよばれます。 月の満ち欠けで決まる「旧暦」の12カ月と現在の「太陽暦」の12カ月では、旧暦の方が約11日少なくなることから、周期的に「閏( (続きを読む)


朔旦冬至は、なぜ19年に1度なのですか? 月は29.5日で一周なので、29年に...
朔旦冬至は、なぜ19年に1度なのですか? 月は29.5日で一周なので、29年に1回とかなら、わかるのですけど。(続きを読む)