紛争地

ゴルフボール探知機を爆発物検知器として紛争地に売りさばき80億円 ...
ゴルフ場でボールを見つけるパーティーグッズに装飾を凝らし、爆発物検知器と見せかけイラクなどの紛争地帯に売って80億円を荒稼ぎしていたイギリス人の控訴が認められませんでした。事実上、懲役10年の刑が確定することになります。(続きを読む)


紛争地の子を取材、手をさしのべ続けた後藤さん 2015年02月02日 08時47分
法政二高(神奈川県)から法政大に進学し、学生時代はアメリカンフットボールに親しむスポーツマンだった。 卒業後は番組制作会社を経て、96年に映像通信会社「インデペンデント・プレス」(東京都港区)を設立。ソマリアイラクルワンダなど中東やアフリカの紛争地で取材し、 (続きを読む)

後藤健二さん「憎むは人の業にあらず...」 紛争地の人々に寄り添い続けた日々
また映像だけでなく、紛争地域の子供や家族をテーマにした『ダイヤモンドより平和がほしい―子ども兵士・ムリアの告白』『もしも学校に行けたら―アフガニスタンの少女・マリアムの物語』『ルワンダの祈り―内戦を生きのびた家族の物語』といった著書も出版している。 「(現場の人 (続きを読む)

後藤健二さん:紛争地や難民の日常伝える
後藤健二さん(47)が設立した「インデペンデント・プレス」社のホームページや母校の法政大によると、後藤さんは1967年仙台市生まれ。法政二高(川崎市)に進学し、1年生の時はアメリカンフットボール部に所属していた。法政大社会学部応用経済学科を92年に卒業し、番組 (続きを読む)


かつての紛争地における鉛汚染について 鉛は環境に流出すると有害であり、生態系...
かつての紛争地における鉛汚染について 鉛は環境に流出すると有害であり、生態系に深刻な影響を及ぼします。 軍事用に使われる銃弾の表面は真鍮などの流出しにくい金属でできていますが、 弾芯は容易に流出する鉛でできています。 かつてのベトナムなどの紛争地では 数え切れない数の銃弾が放たれ、それが残存していると思います。 そうやって残された銃弾からは鉛が流出しないのでしょうか。 そしてそれにともなう鉛汚染の被害は出ていないのでしょうか。(続きを読む)