安保法案

首相、自衛隊リスク明言 安保法案、「今国会成立」と表明
集団的自衛権行使の法制化など自衛隊活動拡大を図る安全保障関連法案は26日、衆院本会議で審議入りし、激しい論戦が幕を開けた。安倍晋三首相は懸念される隊員のリスクに関し、安全確保に努めるとした上で「それでもリスクは残る」と言及した。危険性を明言しない姿勢 (続きを読む)

安保法案 論戦スタート
きょう、千鳥ヶ淵戦没者墓苑で、第2次世界大戦中に海外などで死亡し、身元がわからない戦没者の遺骨を納める「拝礼式」が行われました。第二次世界大戦戦没者はおよそ310万人。そのうち海外などで亡くなったのは240万人、そのおよそ半数の遺骨が戦後70年たった今 (続きを読む)

二階氏 安保法案急がず、野党に「真摯な議論を」
中国を訪れている自民党の二階総務会長は、同行記者との懇談で、26日に審議入りした安保関連法案について「数を頼って採決しようということではなく、議論が尽きるところまでやって頂く」と述べました。そのうえで、「国の将来を決する重要な課題だ」として、慎重な審議を求め (続きを読む)


現在、新しい安保法案が提出されて、与党が閣議決定に向けて動き出しているようで...
現在、新しい安保法案が提出されて、与党が閣議決定に向けて動き出しているようですが、その事についてお聞きしたいことがありす。 新聞やマスコミの報道で、「法案の決定によって、集団的自 衛権の行使が可能になる」といった記述が見られました。 この、「集団的自衛権」なのですが、以前、「閣議決定?」か「行使容認?」みたいなことで騒ぎになりませんでしたっけ…。 あの時に国会で、集団的自衛権を行使可能にするための何かが決まったのでは無かったのでしょうか…? 東京で、自分の身体を燃やして抗議した人などもいたようですが、私はてっきり全てがあの時に容認されていたと思っていたので…。 無知な私に、この詳細について教えていただけないでしょうか。おそらく、"法案" やら "閣議決定"を含めて、政治関連の知識が全くないことが原因だとは思うのですが、それが知れる書物やWEBサイトなどでも良いので、お教えいただきたいと思います。(続きを読む)