名古屋場所

大相撲名古屋場所中入り後取組・3日目
大相撲名古屋場所2日目(13日・愛知県体育館)2連覇を狙う新大関の照ノ富士が勢を寄り切って2連勝した。横綱白鵬は高安を送り出し、3場所ぶり復帰の横綱鶴竜も佐田の海を寄り切って連勝発進となった。横綱日…続き (13日 19:13) (続きを読む)

大相撲名古屋場所日馬富士が休場…2日目 - 毎日新聞 - 毎日jp
大相撲名古屋場所日馬富士が休場…2日目. 毎日新聞 2015年07月13日 11時25分(最終更新 07月13日 12時31分). 【大相撲名古屋場所・初日】妙義龍を上手投げで降すも、土俵上で右腕を押さえ顔をしかめる日馬富士愛知県体育館で2015年7月12日、大竹禎之撮影 (続きを読む)

長野)御嶽海、2連勝スタート 大相撲名古屋場所朝日新聞デジタル
12日に初日を迎えた大相撲名古屋場所愛知県体育館)で、長野県上松町出身の新十両・御嶽海が、2連勝のスタートを切った。2日目だった13日は徳真鵬に押し込まれながら、体をうまく左に開き、突き落としで破った。それでも、「自分の相撲が取れていない。悔しいです。(続きを読む)


大相撲名古屋場所の番付が本日発表されましたが、関脇二人の番付について質問があ...
大相撲名古屋場所の番付が本日発表されましたが、関脇二人の番付について質問があります。東関脇豪栄道は先場所8勝7敗、西関脇栃煌山は先場所10勝5敗、本来であれば、名古屋場所栃煌山が東関 脇、豪栄道が西関脇になるはずですが、今回はなぜ二人とも据え置きになったのでしょうか?過去は関脇に限らず、小結、大関でも、力士が前の場所と変わらない場合は、星の数で、東から西へ、または西から東への移動はありました。 以上、ご回答よろしくお願いいたします。(続きを読む)