戦後70年

戦後70年を記念する特別企画 『電子書籍で「戦後」を読む 70年の70冊』本日スタート! : 【プレスリリース】: ライフ : 読売新聞
2015年7月17日. Tweet. 『70年の70冊』書影. 株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は7月17日(金)、「電子書籍で『戦後』を読む 70年の70冊」キャンペーンを開始いたします。 文藝春秋は長年にわたり、文藝とともにノンフィクションを一方の (続きを読む)

【戦後70年】
戦争の記憶を若い世代につなぐため、兵庫県立神戸鈴蘭台高校(神戸市北区)で、学校新聞を発行する編集部の生徒らが「戦後70年特集」に取り組んでいる。8千人以上が犠牲になったとされる昭和20年の神戸空襲などを取材。3月から順次、特集紙面を制作している。部員ら (続きを読む)

戦後70年続く“安保闘争”にリアリズムを 野党の主張は壊れたテープレコーダーか 「違憲」「海外派兵」「戦争への道」… - 大江紀洋 - Blogos
聞けば、「安保闘争」を思い出すと語る人が少なくない。1960年の日米安保条約改定をめぐる「60年安保」、あるいはその10年後の「70年安保」。あの頃との最大の違いは、若年層の関心度だろう。 昨年7月に安倍政権集団的自衛権の行使を認める閣議決定を行って以来、新聞 (続きを読む)


戦後70年になる。 中国に日本がした戦争の犯罪は、けっしつ忘れてはならない。 イ...
戦後70年になる。 中国に日本がした戦争の犯罪は、けっしつ忘れてはならない。 インターネットで日本が中国で細菌人体実験をしたのを見て!ショックを感じた。満州だけでなく、ペスト菌に感染 した蚤を飛行機で低空飛行で空中散布して、中国の人をペスト菌を使った人体実験、 細菌兵器を使っていたということを、インターネットでみた。 毒ガス兵器のための人体実験をやっていた。 戦争のなのもとなら、何をやっても勝った者の特権であった。 むしろ従軍慰安婦なんかは、殺さないから、まだ罪としては軽い。 アメリカが核爆弾で日本人を殺したことは、アメリカの論理では、アメリカ兵を殺さないための最大の手段。 日本を殺したことは当然だ。 それがアメリカの論理である。 そのアメリカに資本主義の仲間として 戦争の犠牲者は、反省したから、よいと考えているのだろうか、 いまもウクライナイラク、戦争、テロの犠牲者は出ている。 平和や国家を守るためには、仕方ない。で、すましている。 憎しみは相手を忘れられないだろうか。 いまこそ平和を保つために、武器を持つべきだと、 安部首相は考えている。 しかしそれは大きな間違えである。 武器を持てば必ずつかいたかなる。 それが戦争の導火線となる。 だから平和を守る為には、武器を持たないことである。 中国が拡大しているが、 中国の強引さを抑える世界外交は、政治にまかせるが、戦争しない国を作る努力がいる。 安部首相は戦争しない国を目指してほしい。 戦後70年の首相の発言は、中国や韓国や東南アジアの国に、謝り続けることを、忘れてはならない。 死骸はテレビで、写真で見る時は、匂いがない。 マネキン人間が、壊されただけであるが、匂いがとも無い、現実を見るとショックを感じるだろう。 今まで、殺した経験は、ネズミを殺したことがある。 また蛇を殺したこともある。 そこに私の残虐さが今も忘れられない。 イノシシを殺すことは、農業被害を防ぐためである。 しかし生の血を実際に見ると、恐怖と、興味深さと、自己の残虐さがしらされる、 それが人間同士の殺し合いとなれば 惨さが、でるだろうか。(続きを読む)