鶴見俊輔さん

鶴見俊輔に関するニュース - BIGLOBEニュース
鶴見俊輔さん死去>反戦平和追求 貫いた「思想の巨人」 · 毎日新聞7月24日(金)11時47分. 哲学者で評論家の鶴見俊輔さんは、大衆文化に至るまで膨大な知識に裏付けられた思想だけでなく、身をもって平和を追い求めた運動家でもあった。[ 記事全文 ] (続きを読む)

遊歩道にオオサンショウウオ
戦後思想界をリードした一人で、哲学者、評論家の鶴見俊輔(つるみ・しゅんすけ)さんが亡くなっていたことが23日、分かった。京都市在住。93歳だった。東京都生まれ。旧制中学を中退し、1937年に渡米。米ハーバード大でプラグマティズム実用主義)を学んだが、日米開戦後 (続きを読む)

大衆の変遷
彼がみずからを「ただの生活人だが胸三寸に鉄火を呑んでいる大衆」(「大衆的芸術運動について」、『吉本隆明全集6』、209頁)として任じ得たのは、「十五歳から二十歳までのあいだ太平洋戦争中、わたしはひとかどの文学青年だったが、この戦争で死んでもいいと思っていたし、 (続きを読む)

人間国宝に選ばれた井上八千代さん
戦後思想界をリードした一人で、哲学者、評論家の鶴見俊輔(つるみ・しゅんすけ)さんが亡くなっていたことが23日、分かった。京都市在住。93歳だった。東京都生まれ。旧制中学を中退し、1937年に渡米。米ハーバード大でプラグマティズム実用主義)を学んだが、日米開戦後 (続きを読む)


読書家の4万人のなかまたちにうかがいますプラグマティストの鶴見俊輔氏が亡くな...
読書家の4万人のなかまたちにうかがいますプラグマティストの鶴見俊輔氏が亡くなりましたがコメントをお願いします 1ご冥福をお祈りします 2文化勲章など一切の政府の褒章を受けることがなかったけれど(おそらく)その生涯は見事な一貫したものでした 3安倍晋三鶴見俊輔さんの本など一頁も読んだことがないのだろうなあ 4一頁読んだことがあれば自らのしていることが違憲だとわかり恥ずかしくて生きていけなくなる 5そんな『試金石』のような一生でした 6いくつもの太鼓のあいだにもっと見事な調和を 7息子は鶴見太郎早稲田大学教授 8この人の伴走者は小田実開高健だったけど死んだ 9その後大江健三郎九条の会で意気投合した(はず) 10宮中から使者が差し向けられてもよいよね 11最後のリベラリスト 12この人こそ国民栄誉賞がふさわしい 13副賞は竜胆(りんどう)の花 14うちの庭にたくさん咲いている 15鶴見俊輔死して富士山噴火する 16髪が変な色してる 17染めるのに失敗したな 18ビゲンヘアカラーかな 19鶴見俊輔を超える思想家は今後出ないだろうなあ 20玄孫(笑) 21あの人もえらが張っていなければ人気出るのにね 22醜いよね、玄孫 経済 要 国内 国際 鶴見俊輔さん死去 「思想の科学」 「ベ平連」93歳 朝日新聞デジタル7月24日(金)3時0分配信 ツイート 6 シェア 場で幅広い批評 活動を展開し、 戦後の思想・文 化界に大きな影 響力を持った評 論家で哲学者の 鶴見俊輔(つる 鶴見俊輔さん=2006年1月 み・しゅんす け)さんが死去したことが23日、わかった。 93歳だった。 【写真】特集:鶴見俊輔さん 1922年、東京生まれ。父は政治家だった 鶴見祐輔。母方の祖父は政治家の後藤新平。 8年に渡米し、翌年にハーバード大哲学科に入 学。日米開戦後の42年3月、無政府主義者の 容疑で逮捕されたが、戦時交換船で帰国した。 43年、海軍軍属に志願してインドネシアに赴 任。英語の短波放送などを翻訳し、幹部向けの 情報新聞を製作した。 戦後の46年、雑誌「思想の科学」を都留 (つる)重人、丸山真男らと創刊。米国のプラ グマティズム(実用主義)を紹介するととも に、共同研究の成果をまとめた「共同研究 向」は戦前・戦後の思想の明暗を新しい視角か らとらえた。49年、京都大人文科学研究所助 教授。54年、東京工業大助教授。 60年5月、岸内閣の新日米安全保障条約強 行採決に抗議して東京工大を辞職。翌年、同志 社大教授となるが、大学紛争下(続きを読む)